光回線のエリアを確認する方法!エリア外だったときの対応方法もご紹介
markusspiske / Pixabay

光回線は自宅で好きなだけ高速通信が可能なインターネット通信です。昔はADSLでの通信でしたが、現在は光回線のエリアも広がっておりほとんどの世帯で光通信が利用されています。

 

光回線は全国区に広がり手軽に契約ができるようになりましたが、まだ確実に全ての世帯で利用できるわけではなくエリアが限定されている光回線もあります。

 

そのため自分が利用したい光回線を見つけてもエリアに対応していなければ意味がありません。
まずは光回線のエリアを確認して利用できるかどうかチェックしてください。

 

今回の記事では、光回線のエリアの確認方法とエリア外だったときの対応方法をお伝えします。

光回線のエリアの考え方

光回線のエリアについて

光回線は現在日本だけでも数百社という膨大な事業所がサービスとして提供しており、1つ1つエリアを確認していてはきりがありません。

 

光回線のエリアの最も簡単な考え方をご説明します。
光回線のエリアは主に3種類で考えていただければ大丈夫です、

 

光回線のエリア
  1. フレッツ光回線(ドコモ光やソフトバンク光など)
  2. auひかり
  3. その他の独自光回線(NURO光)

 

この3種類で考えると光回線のエリアを把握しやすいのでオススメです。

 

ドコモ光やソフトバンク光など、ほとんどの光回線はフレッツ光の光回線を利用したサービスになります。そのため数百社以上サービスがあったとしても、ほとんどの光回線はこの3種類のどれかに当てはまります。

 

光回線のエリアは契約を考えているサービスの公式ホームページで確認することができます。

フレッツ光回線のエリアの確認方法

フレッツ光は、光回線の中でも全国対応しており全ての地域で利用できるのが魅力的です。
そのためソフトバンク光やドコモ光など様々な光回線のサービスは、フレッツ光と同じ回線を利用しております。

光回線のエリア

参照:フレッツ光 公式

フレッツ光は全国区ですが東日本と西日本で窓口やエリアの調べ方が異なるので注意してください。

 

フレッツ光でエリアを検索する方法をお伝えしていきます。

 

まずはトップページから光回線のエリア検索画面に移動します。

光回線のエリアの確認方法

マンションか戸建てかを選択して郵便番号か住所で対応エリアかどうかを確認することができます。

 

フレッツ光のエリア確認方法

検索していただくと提供エリアか提供エリアでは無いのか確認することが出来ます。
以上でフレッツ光の提供エリアは確認することが出来ます。

 

エリアを確認するときの注意点
フレッツ光でエリアを確認するときは「申込み」まで流れで押してしまわないように注意してください。エリア確認画面からだとフレッツ光の申込みになります。

ソフトバンク光やドコモ光を契約するときは、フレッツ光ではなくソフトバンク光やドコモ光の窓口から申し込むようにしましょう。

フレッツ光が対応エリアなら下記の光回線は全て対応エリアと考えて問題ありません。
フレッツ光と同じ回線
  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • ビッグローブ光
  • So-net光 など

 

auひかりのエリア確認方法

光回線のエリアを確認する方法

auひかりのエリアは年々どんどん広がっているので対応エリアで無かった県も調べてみると利用できるようになっていることもあります。

 

auひかりの提供エリアを確認する方法は公式HPから確認することが出来ます。
auひかり エリア確認

 

まずは無料でエリアを確認することが出来るので下記の画面の場所に必要事項を入力してください。

項目を選ぶだけでエリアを簡単に確認できるので、auひかりを検討している方は無料でエリアを確認するようにしましょう。

 

auひかりはエリアがどんどん拡大しているため、他のサイトでエリア外と記載があっても公式で確認するとエリア対応している可能性もあるので、ネットの情報だけではなく必ずauひかりの公式HPで一度確認するようにしてください。

 

その他の独自回線のエリアの確認方法

その他の独自回線も同じように公式HPでエリア検索することが出来ます。

今回は料金も安く通信速度も速くて大人気のNURO光を例にして説明していきます。
NURO光のエリア検索

 

光回線のエリア確認方法

NURO光も他の光回線と同じくエリアを確認することはとっても簡単です。
まずは必要項目を入力しましょう。

 

入力が終わると提供エリアかどうか確認することが出来ます。
NURO光はフレッツ光の光回線に比べて、エリアが限定されているため気をつけてください。

光回線のエリアが対応外だった場合は?

光回線のエリア外だった場合

光回線を利用したかったのにエリア外だった場合の対応方法をお伝えします。

光回線がエリア外だったときは下記の対応方法を検討してください。

 

光回線がエリア外だった場合は?
  • ADSL回線
  • モバイルWi-fi
  • CATV

 

光回線がエリア外だった場合は、従来のADSL回線を使用する方法があります。
ただし光回線と比べて通信速度も遅いため、インターネットでのサイトの閲覧や動画の閲覧にも支障が出てしまう恐れがあります。

 

モバイルWi-fiという手もあります。モバイルWi-fiなら外に持ち運びもできます。
ただし光回線と比べてエリアは広いですが通信速度は遅く、データ通信の上限もあるため使いすぎるとすぐに速度制限に引っかかってしまいます。

 

CATVはケーブルテレビの回線を利用することです。
CATVの番組をみることができますが、インターネットの利用では速度も遅く快適では無いので、インターネットメインでお考えの方はあまりオススメできません。

 

フレッツ光回線なら全国対応
フレッツ光回線なら全国対応しているので、もしエリアで対応していない回線が多いようであればフレッツ光回線を利用している光回線を選ぶと良いでしょう。
近年ではエリアも拡大されて利用者も増加しているため、よっぽど山奥や離れていない限り利用することができます。

光回線のエリアでの注意点

光回線のエリアで注意することは、エリアを確認して提供エリアと判断されても立会い工事で提供できないと判断される場合があります。

 

工事の内容によっては壁に穴を開ける場合もあり、光回線を自宅に引き込めないと判断されれば提供エリアであっても光回線を契約することはできません。

 

 

賃貸のマンションを借りている人も注意が必要で、たとえ提供エリアであっても必ず管理会社に光回線の工事をすることの許可を取るようにしましょう。

 

場合によっては賃貸マンションであっても壁に穴を開けることもあるため退去時にトラブルになるケースがあります。光回線を契約する旨を必ず管理会社に伝えてから契約するようにしてください。

光回線のエリア確認方法 まとめ

光回線のエリア確認方法

光回線のエリア確認方法はいかがでしたか?

 

光回線は下記の3種類でエリアが分かれるので自分が契約したい光回線はどの種類に属するかをまずは確認しましょう。

 

光回線の3種類
  1. フレッツ光回線(ドコモ光やソフトバンク光など)
  2. auひかり
  3. その他の独自光回線(NURO光)

 

3つの回線で判断するようにしましょう。

フレッツ光回線なら全国区ですので、もしご自身のエリアが他の光回線で対応していなかったらフレッツ光系回線(ドコモ光やソフトバンク光)を検討するようにしましょう。

 

快適にインターネットを利用して楽しい快適な生活を送ってください。

オススメ光回線キャッシュバック

ドコモ光
最大35,000円相当のキャッシュバック
ドコモ光はネットから契約すれば「現金15,000円」「dポイント20,000円」合計35,000円相当のキャッシュバックが貰えます。

ドコモ光はWifiを契約するうえでとってもお得に始めることができます。

フレッツ光と同じ速度で利用できるため自宅でサクサクWifiを利用することが可能!
さらにドコモの携帯を利用している方は、月々の料金からさらに割引もあるため家計の節約にももってこいです。

ソフトバンク光
最大35,000円の高額キャッシュバック
ソフトバンク光は当サイト限定で最大35,000円のキャッシュバックキャンペーン開催中です!

高額キャッシュバックがあるのでお得にご利用できるうえ、Softbankの携帯を持っていれば「おうち割光セット」を利用し、月々のスマホ料金も割引になるのでとってもお得!

NURO光
最大35,000円キャッシュバック
NURO光は何といっても超高額キャッシュバックがお得!
最大35,000円キャッシュバックで超お得!!
NURO光 公式のキャッシュバックなので安心安全にご利用できます。

NURO光は最大35,000円キャッシュバックを受け取ることができます。
さらに初回工事費の40,000円も無料になるためとってもお得に始めることができます。
オプション不要で月額料金のみで安心してご利用いただけます。

おすすめの記事