光回線で1番安いのはどこ?料金を比較して徹底解説!
FirmBee / Pixabay

光回線は企業も多く参入しており数だけでも数百社といわれるほど選択肢が様々です。

 

光回線について知識が無いと、どの業者を選べば良いのか?どの光回線を選べば安いのか?など選び方が分からず損をする可能性もあります。

 

今回は光回線初心者のために、1番安い光回線を比較検討したのでぜひ参考にしてください。

安い光回線を選ぶときのポイント

光回線で1番安いところ

光回線で1番安いところを選ぶときのポイントをまずはご説明します。

 

光回線は回線によって月額料金が安いところや通信速度が速いところなど様々な利点があります。
今回説明するポイントを抑えて契約する回線を選ぶことであなたにピッタリの安い光回線を見つけることが出来ます。

 

安い光回線を選ぶときのポイント
  • 月額料金
  • 通信速度
  • スマホ割引
  • キャッシュバック

 

上記のポイントを抑えて選ぶことであなたにピッタリの安い光回線を選ぶことが出来ます。

それではポイント毎に順番に見ていきましょう。

月額料金

月額料金は安い光回線を選ぶときは1番見るべきポイントになります。

 

光回線では月額料金は毎月の通信費として請求される金額になります。毎月の固定費になるため家計の節約を考えるならこの月額料金は安いところを選ぶことがポイントになります。

 

月額料金シュミレーション

光回線A 光回線B
月額料金 3,800円 4,000円
オプション料金 500円 0円
本来の月額料金 4,300円 4,000円
オプション不要が重要な理由
光回線の毎月の月額料金が例え安い場合でも、オプション料金が乗っかることで月額料金が高くなってしまう可能性もあります。

単に月額料金だけを見るのでは無く、オプションに加入しなければWi-fiが使えないのかなど自分が必要としている機能でオプションが必要かを検討するようにしてください。

※特に光回線では高額キャッシュバックを理由にオプション加入必須などの業者もあります。
当サイトではオプション加入必須の高額キャッシュバックは紹介しないので安心してご利用ください。

安い光回線を選ぶときは月額料金だけではなく、必ずオプション加入の必要があるのかなど最低限必ずかかる月額料金を考えることが重要です。
蓋を開ければオプション料金が加わり、月額料金が高くなってしまったなど損をしないように注意しましょう。

通信速度

光回線は提供するサービスによって通信速度も変わってきます。

 

従来のメタル回線よりも光回線の方が高品質な通信が可能なため光回線を契約していれば日常で困ることは特にありません。

 

しかし在宅で仕事をしている方や、オンラインゲームが趣味の方などは通信速度が速い回線を選ばなければ作業に支障を来たす場合があります。

 

ネットサーフィンや通信速度を求める作業をしない方は安い光回線でも問題ありませんが、通信速度が求められる作業が必要な方は、安さだけで光回線を選ばないように注意してください。

スマホ割引

光回線の中では、携帯電話を所有していると月額料金を割引することができる「スマホ割引」というサービスがあります。

 

スマホ割引はキャリアや回線によって適用される条件があるためご自身のスマホのキャリアで合わせることで毎月の通信費を節約できます。

 

ただ単に料金が安い光回線を選ぶだけでなくスマホ割引も考えて月額料金を算出することが安い光回線を選ぶときのポイントになります。

キャッシュバック

光回線ではキャッシュバックというサービスがあり、契約をすると自分の元に「約3万円」のキャッシュバックが還元されます。

 

キャッシュバック金額も月額料金などと合わせて考えることでお得で安い光回線を選ぶことが出来ます。キャッシュバックを考えるときはご自身の利用年数によって月額料金とのバランスを考えることで安い光回線を導き出すことが出来ます。

 

安い光回線の料金シュミレーション

光回線A 光回線B
月額料金 3,000円 4,000円
キャッシュバック 0円 35,000円
1年間利用した合計金額 36,000円 13,000円
2年間利用した合計金額 72,000円 61,000円
3年間利用した合計金額 10,8000円 10,9000円

 

光回線キャッシュバックの重要性
例えばAという月額料金が安い光回線は、「月額3,000円」でキャッシュバックが0円
Bという月額料金は少し高めで、「月額4,000円」でキャッシュバック3,5000円

この2つの場合2年間利用する通信費はキャッシュバックを考えると下記になります。

  • 2年間利用した合計料金A:72,000円
  • 2年間利用した合計料金B:61,000円

このようにキャッシュバックを考えると月額料金が高くても光回線の料金が安いという結論になります。

逆に3年利用する場合は、下記が料金になります。

  • 3年間利用した合計料金A:108,000円
  • 3年間利用した合計料金B:109,000円

3年間利用する場合は、Aの方が安い光回線になります。
ご自身の利用する予定年数で決めることで安い光回線を選ぶことが出来ます。

 

このように利用する年数によってキャッシュバックにより安い光回線になるか、高い光回線になるかが変わってきます。

 

戸建てを購入して長く利用するなら月額料金が安い光回線でも良いですが、2年以内に引越しなどを考えている場合や賃貸の場合は、キャッシュバックを受け取った方が安く利用することが出来ます。

光回線の主要4社を料金別で比較

光回線を料金別で比較

それでは光回線の下記の主要4社を料金別に比較するので参考にしてください。
安い光回線を見つけるために比較は必ず行うべきなのであなたにピッタリの光回線を探しましょう。

 

比較する光回線4社
  • ソフトバンク光
  • NURO光
  • ドコモ光
  • auひかり

 

この4社を選んだ理由は、月額料金も安く通信速度も光回線の中では最速の「Ipv6接続」が出来るからです。光回線を契約しても通信速度が遅く支障を来たすなら意味が無いので「Ipv6接続」で通信速度が快適なものを選んでおります。

 

さらにキャッシュバックもありお得に利用できるためこの4社に絞って紹介します。
それでは順番に比較して安い光回線を見つけていきましょう。

光回線の月額料金で比較

まずは基本となる月額料金で光回線を比較して安い光回線を見つけていきましょう。

 

光回線の月額料金

戸建て 4.743円 5,200円 5,200円 5,200円
マンション 1.900円 3,800円 4,100円 4,000円

 

光回線を月額料金で比較したところNURO光が毎月の通信費が安い結果が出ました。

戸建ての場合はそこまで相場に変わりはありませんが、マンションやアパートの場合は明らかに月額料金が安いため毎月の固定費も変わってきます。

 

光回線の月額料金の相場
光回線の月額料金の相場は下記になります。

  • 戸建て:5,000円前後
  • マンション:4,000円前後

もしこの相場よりも外れて高い場合は別の光回線を考えるようにしましょう。

 

光回線の工事費で比較

光回線ではどの回線を契約しても最初に工事費がかかります。

 

工事費の相場は30,000円前後と言われておりあまりにも工事費が高い回線は月額料金が例え安かったとしても結局利用料金が高くなってしまう傾向になるので控えた方が良いです。

 

光回線の工事費

戸建て 40,000円 24,000円 37,500円 18,000円
マンション 40,000円 24,000円 37,500円 15,000円

 

工事費は光回線の中でも結構なばらつきがあり安い光回線と極端に高い光回線があります。

 

NURO光は40,000円と工事費が高額ですが、紹介している理由としては工事費無料キャンペーンを行なっており実質40,000円かかる工事費が無料になるため紹介しています。

 

光回線の工事費
光回線の工事費はバラツキもありキャンペーンで0円になるところも存在しているので安い光回線を選ぶ上では非常に重要です。

NURO光は常にキャンペーンを行なっており無料ですが、ソフトバンク光やauひかりやドコモ光はキャンペーンも期間限定で行なったりと0円のときもあればお金がかかるときも期間によって変わってきます。

光回線の手数料で比較

光回線では契約をするときに事務手数料というお金がかかります。

 

この事務手数料は初月の請求書でかかる費用なので必ず抑えておきましょう。
結論から言うと事務手数料は、どの光回線も3,000円かかるので特に比較する意味はないです。

 

光回線の事務手数料

戸建て 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円
マンション 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円

 

光回線のキャッシュバックで比較

光回線ではそれぞれキャッシュバックがあり窓口によってもキャッシュバック金額は様々で安いのもあれば高いのもあります。

 

今回キャッシュバック金額で比較したものは下記を基準に選んでおります。

  • オプション不要
  • 1番高額キャッシュバック
  • 安心性

オプション不要であり且つその中でも高額キャッシュバックを選んで比較しました。
さらに選んだキャッシュバック窓口もトラブルが無く還元率100%のところを選んでいるので、悪徳窓口のようにキャッシュバックを申請したけれども受け取れないということも無く安全に利用できるところです。

 

キャッシュバックの比較については後ほど記載しております。

 

光回線のキャッシュバック

オプション 不要 不要 不要 不要
マンション 現金35,000円 現金35,000円 戸建て
現金45,000円マンション
40,000えん
現金20,000円

dポイント
15,000pt

 

光回線のキャッシュバックは月額料金が安い光回線であっても高額なものが多く安い光回線を見つけるためには必ず考えなければいけないポイントになります。

 

光回線のスマホ割引で比較

光回線を安い料金で使うためには「スマホ割引」は必ず利用するべきサービスです。

 

スマホ割引を使えば月額料金を-2,000円ほど減らすことが出来るので大変お得に利用することが出来ます。必ず抑えておきたいサービスなので比較した表を参考に選びましょう。

 

光回線のスマホ割引

スマホ割引
キャリア
ソフトバンク ソフトバンク au ドコモ
割引 家族を含めた
台数×1,000円割引
家族を含めた
台数×1,000円割引
データプランによる データプランによる
割引金額 MAX10台まで
最大10,000円
MAX10台まで
最大10,000円
最大2,000円 最大35,00円

 

今回紹介した4社は全て光回線のスマホ割引を利用できるので安い月額料金で運用することができます。ご自身が所有しているデバイスで光回線を選ぶことが1つのポイントになります。

 

もし該当するデバイスでは無い携帯を所有している方は、月額料金の安さやキャッシュバック金額で選ぶと良いでしょう。

 

絶対にやってはいけないこと
安い光回線を選ぶときに絶対にやってはいけないことは、キャリアが違う回線を使わないことです。
例えばソフトバンクの携帯を持っているのにドコモ光などキャリアが違う会社を選んでもメリットは何一つありません。
ご自身のキャリアで通信会社を選ぶことが安い光回線を選択するポイントです!

光回線の合計金額で比較

最後に光回線の合計金額で比較をしましょう。
光回線の合計金額とは今まで比較してきた月額料金や工事費やキャッシュバックなどを全て含んだ合計でかかる金額を算出しました。

安い光回線を選ぶときの重要な比較になるので参考にしましょう。
※スマホ割は光回線によって金額の差が大きいので含めておりません。

 

戸建ての合計金額

月額料金 -4.743円 -5,200円 -5,200円 -5,200円
工事費 0円
キャンペーン
-24,000円 -37,500円 -17,000円
事務手数料 -3,000円 -3,000円 -3,000円 -3,000円
キャッシュ
バック
+35,000円 +35,000円 +45,000円 +35,000円(※)
合計金額 +27,257円 +2,800円 -700円 +8,800円

※dポイントは1pt1円で利用できるので円換算

 

マンションの合計金額

月額料金 -1,900円 -3,800円 -4,100円 -4,000円
工事費 0円
キャンペーン
-24,000円 -37,500円 -15,000円
事務手数料 -3,000円 -3,000円 -3,000円 -3,000円
キャッシュ
バック
+35,000円 +35,000円 +40,000円 +35,000円(※)
合計金額 +30,100円 +4,200円 -4,600円 +13,000円

※dポイントは1pt1円で利用できるので円換算

光回線の合計金額を比較することで安い光回線が出てきました。

 

オススメする安い光回線
  1. NURO光
  2. ドコモ光
  3. ソフトバンク光

 

上記の3つを選ぶことで安い光回線をお得に利用することが出来ます。

合計費用だけ見るとキャッシュバックがあるおかげで光回線を契約しても利益が出ている計算になります。もちろん月々の利用料金はかかるので2年間使用して利益はありませんが、キャッシュバック無しで契約すると約3万円近い無駄な出費が初年度からかかるので損をします。

 

スマホ割も考えよう!
今回光回線を比較した合計金額ではスマホ割は含んでおりません。
何故なら所有している携帯やプランによって割引金額が変わるからです。

該当するキャリアの携帯を持っている場合は月々のランニングコストや合計金額を考えてもキャリアと同じ回線を使うこと一択で問題ありません。

安い光回線を探すならキャッシュバックを活用しよう!

安い光回線のポイント

安い光回線を選択するなら必ずキャッシュバックを上手に活用する必要があります。

 

何故なら販売窓口によってキャッシュバック金額は異なり同じサービスを契約したのに35,000円のキャッシュバックがある窓口もあれば、キャッシュバック0円という窓口も存在します。

 

キャッシュバックが無い窓口からの契約は非常に勿体無いので必ず辞めましょう。
当サイト経由で申し込みをすれば1番お得で高額なキャッシュバックを受け取ることが出来ます。

 

例えば戸建ての場合で光回線を契約してキャッシュバック有りと無しで合計金額を比較してみましょう。

 

キャッシュバックの合計金額の差

月額料金 -4.743円 -5,200円 -5,200円 -5,200円
工事費 0円
キャンペーン
-24,000円 -37,500円 -17,000円
事務手数料 -3,000円 -3,000円 -3,000円 -3,000円
キャッシュ
バック
+35,000円 +35,000円 +45,000円 +35,000円
キャッシュ
バックありの場合
+27,257円 +2,800円 -700円 +8,800円
キャッシュ
バック無しの
場合
-7,743円 -32,200円 -44,300円 -26,200円

 

安い光回線を選ぶならキャッシュバック無しで契約するとこれだけ金額に差が出ます!!
お得で安い光回線を選ぶなら必ずキャッシュバック有りの窓口で契約するようにしましょう。

 

光回線超高額キャッシュバックの注意点
光回線のキャッシュバックを選ぶときは必ず「オプション不要」のキャッシュバックを選びましょう。窓口の中には、高額キャッシュバック(5万円や10万円)などの金額をちらつかせて月々2,000円以上上乗せするオプション加入必須の場合も有ります。

さらに契約期間も決められてオプションを契約期間内に解約すると1円もキャッシュバックが貰えないので注意してください。

NURO光のオススメキャッシュバック

NURO光のオススメキャッシュバック

NURO光は光回線の中でも月額料金が安いのでエリアが対応するなら必ず最初に考えるべき光回線です。
光回線の通信速度の相場は1Gbpsですが、NURO光は通信速度も最大速度10Gbpsと10倍の速さが出るのでオススメな回線です。
NURO光のオススメキャッシュバック窓口は、「NURO光公式」で申し込むことがオススメです!
NURO光公式が1番金額も高く公式窓口ですので、キャッシュバックでのトラブルも無く安心して利用することが出来ます。
NURO光のキャッシュバック窓口の比較は下記を参考にしてください。
NURO光キャッシュバック窓口を比較
NURO光 販売店 キャッシュバック金額(現金) 受け取りまでの期間
NURO光公式ショップ 35,000円 4ヶ月後
Amazon 33,036円 4ヶ月後
ヨドバシカメラ 32,570円 4ヶ月後
楽天市場 32,200円 4ヶ月後
Joshin 32,140円 4ヶ月後
ビックカメラ 32,136円 4ヶ月後
ドリームブライト 32,000円 4ヶ月後
価格.com 30,640円 11か月後
アウンカンパニー 30,000円 1ヶ月後
Moon&Sun 30,000円 2ヶ月後
テレコムフォース 29,000円 6ヶ⽉後
ジェイハック 25,000円 6ヶ月後
ノジマ 20,000円 1ヶ月後

 

比較表を見る限り「NURO光 公式」が1番お得にキャッシュバックを受け取ることが出来ます。

 

NURO光ではソフトバンクの携帯を所有していれば「スマホ割引」のサービスも使えるのでソフトバンクユーザーは使って損はありません。

 

安い光回線を利用したいならNURO光をオススメします!

NURO光 オススメキャッシュバック
NURO光のキャッシュバック

 

ドコモ光のオススメキャッシュバック

ドコモ光のオススメキャッシュバック

ドコモ光でオススメなキャッシュバックは「GMOとくとくBB」です。

 

GMOとくとくBBではキャッシュバックだけでなく「Ipv6接続」の「v6プラス」を利用できる高性能Wi-fiルーターを無料でレンタルすることが出来ます。

 

キャッシュバック窓口によってはオプション料金でレンタルするところもあるので「GMOとくとくBB」だと月額料金のみでお得に通信速度を快適に利用することが出来ます。

 

ドコモ光のキャッシュバック窓口を比較した表を参考にしてください。

 

ドコモ光キャッシュバック窓口を比較

申し込み窓口 キャッシュバック内容
GMOとくとくBB 現金15,000円キャッシュバック
dポイント20,000円キャッシュバック
高速Wifiルーター無料レンタル
ネットナビ 現金15,000円キャッシュバック
開通まで無料Wifiレンタル
ぷらら 現金15,000円キャッシュバック
So-net セキュリティー1年間無料
ドコモ光 公式ショップ 無し
ヤマダ電機 無し
ヨドバシカメラ 無し
ビックカメラ 無し
ソフマップ 無し

 

GMOとくとくBBが1番お得にキャッシュバックを受け取ることが出来ます。

 

ドコモユーザーならスマホ割引も利用できるため月々の料金をさらに安く抑えることが出来ます。

 

安い光回線ならドコモ光もオススメです!

ドコモ光 オススメキャッシュバック
ドコモ光のキャシュバック

 

ソフトバンク光のオススメキャッシュバック

ソフトバンク光のオススメキャッシュバック窓口は「N'sカンパニー」です。

 

N'sカンパニーではキャッシュバック金額35,000円受け取れることと、ソフトバンク公式からも表彰されるほどの優良店です。

 

キャッシュバック還元率も100%のため、申請して受け取れなかったなどのトラブルがありません。
安心してキャッシュバックに申し込むことが出来るのでオススメ窓口です。

 

ソフトバンク光キャッシュバック窓口を比較

ソフトバンク光 キャッシュバック比較
株式会社N’sカンパニー
(代理店)
新規の場合

現金35,000円キャッシュバック

転用の場合

現金15,000円キャッシュバック

ムーン&サン
(代理店)
新規の場合

現金32,000円キャッシュバック

転用の場合

現金12,000円キャッシュバック

Story
(代理店)
ソフトバンク光とソフトバンクエアー(ポケットWifi)で同時申し込みで
現金80,000円
ソフトバンクショップ 無し
家電量販店 無し

 

ソフトバンク光はソフトバンクユーザーならスマホ割で毎月通信費も抑えることが出来るので安く利用することが出来ます。

特に家族でソフトバンクユーザーが多い場合はその台数分割引になるのでとってもお得です。

ソフトバンク光 オススメキャッシュバック
ソフトバンク光のキャッシュバック

 

安い光回線のまとめ

安い光回線のまとめ

安い光回線を探すときは下記のポイントで考えるようにしましょう。

 

光回線を選ぶときのポイント
  • 月額料金
  • 通信速度
  • スマホ割引
  • キャッシュバック

 

光回線ではキャッシュバックなどの要素もあり月額料金だけが安い秘訣ではありません。
必ず月額料金やキャッシュバックなど金銭的な要因を全て考えて安い光回線を選択することが必要です。

 

当サイトでは安い光回線のオススメは下記になります。

安い光回線オススメ
  1. NURO光
  2. ドコモ光
  3. ソフトバンク光

 

ただし料金をメインに考え場合のオススメであって、使用する携帯によってオススメする回線は変わってきます。

 

もし光回線を選ぶことが難しければ、ご自身の携帯のキャリアと光回線を同じにすることが1番安い光回線を選択することが出来ます。

 

SIMフリーなどキャリアがない場合は、上記のオススメ光回線を利用すれば間違い無いです!

 

ぜひ快適にインターネットをしてお得に光回線を申し込みましょう。

おすすめの記事