光回線が遅いときに改善する方法!通信速度低下の原因と解決策を解説
rawpixel / Pixabay

光回線を利用しているのに通信速度が遅いと感じたことはありませんか?

ADSLから光回線に変更したのに何故か通信速度はあまり変わらず動画などを視聴しても止まってしまったりすることありませんか?

 

光回線が遅い原因は何かを把握して、解決策を取ることで光回線が遅いときの対処ができます。

 

今回は光回線を利用しているが通信速度が遅い原因と解決策をお伝えしていきます。
もしそれでも光回線が遅い場合は、乗り換えや「Ipv6接続」を検討してみると良いでしょう。

光回線が遅いことでお困りの方はぜひ参考にしてください。

光回線が遅い原因と対策

光回線が遅い原因

光回線が遅いときはまず原因を探り対策を行うようにしましょう。
何故なら光回線が遅い原因を知らなければ対応することができないからです。

 

光回線が遅い原因としては下記のことが考えられます。

 

光回線が遅い原因
  • ルーターの設置場所
  • 回線が混雑している
  • ルーターのアクセスログが溜まっている
  • ケーブルの接触
  • LANケーブルの規格
  • 電子機器のOSやスペックが低い
  • 通信障害

 

光回線が遅い原因は上記のことが考えられます。
それでは順番に説明していきます。

原因対策①:ルーターの設置場所

光回線が遅いと感じるときはルーターの設置場所に気をつけてください。

ルーターは電波を遮断するのもが周りにあったり他の電子機器の近くにあると通信電波がうまく伝わらず光回線が遅い原因になります。

 

特にルーターは配線なども多くあまり人目につく場所に起きたく無い人が多いため部屋の角に置いてしまう人もいますが、ベストな配置は周りに何も無く360度障害物が無い場所が理想の設置場所です。

 

周りに何も無いところに一度ルーターを設置してみて光回線が遅いのかどうか確認するようにしましょう。

 

密閉空間にも注意

ルーターをオシャレなインテリアの一部に見せるため、密閉されたBOXなどに設置する人もいますが、光回線が遅い原因にもなりますので注意が必要です。

必ず電波を飛ばす隙間が無ければうまく通信できないので、オシャレにルーターをしまうのなら隙間のあるBOXやひらけたBOXを使うことがオススメです。

原因対策②:回線が混雑している

光回線は光ファイバーというケーブルを利用して高品質で高速な通信を可能にします。

しかし同じ光回線を利用している利用者が多すぎたり使う時間帯によっては回線が混雑して光回線が遅い原因になります。

 

マンションなどの集合住宅では光回線を決められている場合もあります。
その場合は、マンションの住人全員が同じ光回線を利用するため夜などの利用者が増える時間帯は混雑しやすいです。

 

光回線が混雑して遅いと感じたら接続方式を「Ipv4接続」から「Ipv6接続」に変更することをオススメします。

光回線が遅い場合の対策

従来の光回線の「Ipv4接続」では、利用者を上限があるIPアドレスで振り分けてインターネットを利用していました。そのためスマホの普及によりインターネットを使うユーザーが多くなり上限値が近づいており光回線が混雑して遅い原因になっていました。
しかし「Ipv6接続」で接続すれば、ほぼ無限のIPアドレスでユーザーの利用者も圧倒的に少ないため快適に接続することができます。
「Ipv6接続」は光回線で利用できるので、もし光回線が遅いと感じたら「Ipv6接続」に変更しましょう。無料で利用できるところが多いので使わないと勿体無いです。

原因対策③:ルーターのアクセスログが溜まっている

 

光回線が遅い原因でルーターのアクセスログが溜まっている可能性もあります。

 

ルーターは通信記録を暗号化して履歴として保持しているため利用していれば自ずとアクセスログはどんどん溜まるようになります。そのためアクセスログが溜まりすぎて光回線が遅い可能性が考えられます。

通常はアクセスログが溜まっても問題はありませんが、アクセスログが溜まったことでルーターの機能が低下して通信速度が遅くなてしまうこともあります。

 

アクセスログの消去はルーターの再起動で出来るため、光回線が遅いと感じたらルーターの再起動を一度かけてみましょう。

ルーターの再起動手順

1:ルーターの電源もしくはコンセントを抜く
2:5分間放置(冷却目的)
3:再起動

この手順でアクセスログは消去できます。

原因対策④:ケーブルの接触

光回線が遅いときはルーターやONUなどに接続している「ケーブルの接触」を確認してください。

 

Wi-fiが途中で切れてしまったり光回線の通信が途切れてしまう人はケーブルの接触が悪いため遅くなっている可能性がございます。

 

掃除機をかけたり埃を取ったりするはずみで、ケーブルが抜けてしまう恐れもあるため必ず機器のケーブルがしっかりと接続されているかルーターやONUの機器を触ったら確認するようにしましょう。

原因対策⑤:LANケーブルの規格

LANケーブルには規格があることをご存知ですか?

光回線が遅いときはLANケーブルの規格が正しいかも判断するようにしましょう。

 

よく光回線で遅いときにあるのが、LANケーブルを昔から使っているもので代用したりするパターンです。LANケーブルとルーターの相性はとても重要でルーターによって推奨の規格が存在します。

 

そのため家にあるLANケーブルを使うのではなくルーターに同梱されているケーブルを利用したり、新しく買い直すなどする必要があります。

 

LANケーブルの規格

LANケーブル規格 最大通信速度 対応規格
CAT8 最大40Gbps 40G BASE-T
CAT7 最大10Gbps 10G BASE-T
CAT6A 最大10Gbps 10G BASE-T
CAT6 最大1Gbps 1000BASE-TX
CAT5e 最大1Gbps 1000BASE-TX
CAT5 最大100Mbps 100BASE-TX

 

光回線の速度は最大1Gbpsの回線が多いので「CAT5e」以上のものであれば問題なく利用することができます。NURO光などは最大10Gbpsのプランもあるので、NURO光の最大10Gbpsプランなら「CAT6A」以上のLANケーブルを利用すれば大丈夫です。

 

もし自宅の古いLANケーブルを利用して「CAT5」を使っている方はLANケーブルを変えることで光回線が遅い対策になります。

原因対策⑥:電子機器やOSのスペックが低い

電子機器のOSやスペックが低いことも、光通信が遅い原因にもなるので確認するようにしましょう。

 

スペックが古いと処理能力も低く光回線の通信速度を最大限まで電子機器自体が引き出すことができません。そのため古いパソコンや古いスマホを使っている方は最新機種に変更することで改善される可能性がございます。

 

パソコンやスマホのOSのバージョンが古い方もアップグレードすることで改善される可能性があるので一度OSをアップデートしてみましょう。

原因対策⑦:通信障害

通信障害はあまり頻繁に起きませんので突然使えなくなたり突然光回線が遅いときは通信障害を疑いましょう。

 

通信障害の場合は、公式サイトでお知らせとして更新されるほかTwitterで検索して把握することもできます。ただし通信障害の場合は、こちらで出来る改善方法はありませんので待つしかありません。

 

光回線が突然遅いと思ったら通信障害が起きていないか確認しましょう。

光回線が遅いときは速度チェックしよう!

光回線が遅いときの速度チェック

光回線が遅いときは速度チェックを必ず行なって数値で判断するようにしましょう。

通信速度をチェックするだけでどれくらいのパフォーマンスが出るのか判断できるのでまずは自宅の光回線の速度を測りましょう。

 

通信速度のチェックは下記のサイトで行うことができます。

Wi-fiの速度チェックについて

通信速度のチェック

どちらもページを開いて速度チェックボタンを押すだけなのでとっても簡単に利用することができます。

通信速度の表示される数値の目安は下記になります。

 

通信速度の目安
10Mbps前後:メールやブログなどのテキストメインの閲覧
30Mbps前後:動画閲覧や通販サイトなどの閲覧
60Mbps前後:高画質の動画やゲームができる
上記の数値以上出ていれば光回線が遅いということはありません。
恐らく光回線が遅いと感じるときは10Mbps前後の数値になります。
もし上記の数値を超えているのに遅い場合は、電子機器などを変えてチェックしましょう。
ほとんどの場合が、電子機器側の問題と考えることができます。
通信速度をチェックするときは必ずどの時間帯で光回線が遅いのか確認しましょう。
1回だけだとその時間だけ遅いのか慢性的に遅いのかわかりません。
時間をずらして何回もチェックすることで光回線が遅い原因を突き止めることができます。

どうしても遅い場合は乗り換えを考えよう!

光回線の乗り換え

光回線がどうしても遅いときは乗り換えを検討するのも1つの方法です。

何故ならそのまま利用料金を払い続けて快適ではない回線を契約していると時間も金銭的にも損をするからです。

 

主要光回線では乗り換えを検討している方のために、解約金や違約金を全額補填してくれるところもあります。

 

解約違約金補填キャンペーン
  • ソフトバンク光
  • NURO光

 

上記の2つの光回線は乗り換えの時に解約金や違約金を補填してくれるので支払いも無く回線をノリ狩ることができます。

 

もし光回線がどうしても遅い場合は、乗り換えを検討しましょう。

光回線が遅いときは「Ipv6対応」を利用しよう!

光回線が遅いときはipv6

光回線が遅いときは先ほども説明した「Ipv6接続」が利用できる光回線がオススメです!

 

Ipv6接続できる光回線オススメ
  • NURO光
  • ソフトバンク光
  • ドコモ光

 

上記の3つは「IPv6接続対応」の光回線のため契約をすると回線速度が早い接続が利用できます。
ただでさえ回線速度が早い光回線なので遅いと困っている方は1度利用してみても良いでしょう!

 

NURO光とドコモ光は「IPv6接続対応」で面倒な手続きも必要ないので契約するだけですぐにご利用いただけます。ソフトバンク光は「Ipv6接続申請」を行えば利用できるようになります。

 

「Ipv6接続」で光回線が遅い症状も収まった人はいます。

このように光回線が遅い悩みも「Ipv6接続」に切り替えることで早くなり快適にインターネットを楽しむことができます。

 

次の章では当サイトがオススメする「Ipv6接続」が可能で、お得なキャッシュバックがある窓口をご紹介します。

NURO光 おすすめ優良&高額キャッシュバック

NURO光で最高額キャッシュバックは、
現金35,000円キャッシュバック!
NURO光 公式で契約すると最もお得にキャッシュバックを受け取れます。

オススメする理由
  • 高額キャッシュバック35,000円
  • オプション不要で追加料金無し
  • 初回工事費40,000円無料
  • 公式サイトで安心
  • 無料設定サポート初回無料
  • 乗り換え時の違約金補填

ドコモ光 おすすめ優良&高額キャッシュバック

ドコモ光で最高額キャッシュバックは、
最大現金15,000円&dポイント20,000ptキャッシュバック!
ドコモ光で最高額のキャッシュバックを受け取るにはこちらがおすすめ!!

オススメする理由
  • 高額キャッシュバック
  • 無線Wi-fiルーターを無料でレンタルできる
  • v6プラスが使えて快適インターネット
  • 制限一切無しで使い放題
  • ドコモ携帯所有で毎月の携帯代が最大3,500円割引
  • 無料訪問サポートがあり困った時に大活躍

ソフトバンク光 おすすめ優良&高額キャッシュバック

ソフトバンク光で最高額キャッシュバックは、最大35,000円キャッシュバック!

新規開通で35,000円、他社からの転用で15,000円のキャッシュバックとなります。

さらにキャッシュバック100%還元を謳っている販売店でキャッシュバック時のトラブルもない超優良販売店になります。

ぜひソフトバンク光のキャッシュバックを受けてお得にネット回線を使い倒しましょう!

 

光回線が遅いとき まとめ

光回線が遅いときのまとめ

光回線が遅いときはまずは通信速度のチェックを行なって回線の数値を出しましょう。

 

通信速度の目安
10Mbps前後:メールやブログなどのテキストメインの閲覧
30Mbps前後:動画閲覧や通販サイトなどの閲覧
60Mbps前後:高画質の動画やゲームができる

 

通信速度チェックで10Mbps以下の場合は、要改善レベルなのですぐにでも光回線を乗り換えることをオススメします。

 

光回線が遅いと困っている方は、光回線の中でも「Ipv6接続」できる回線を選ぶと混雑もなくスムーズに快適なインターネットができます。

 

ぜひ快適なインターネットで楽しい日常を築いていきましょう!!

おすすめの記事