ぷらら光の評判を解説!もっとお得に安くなる光回線3社をご紹介
Free-Photos / Pixabay

ぷらら光はとにかく利用料金が安いと評判で毎月の通信費を抑えたい方にとってはピッタリの光回線になります。しかしスマホ割引やキャッシュバックなど全体的なコストを考えるとぷらら光はあまりオススメ出来ない光回線になります。

 

月額料金の安さから何も考えずぷらら光を選ぶ人もいますが、しっかりとかかる初期費用で光回線を考えることによりぷらら光は損をすることを知って欲しいと思います。

 

今回はぷらら光の評判をしっかりと把握して自分に合ったピッタリの光回線を見つけて頂きたく記事の後半ではぷらら光よりももっと安くお得に利用できる光回線3社をご紹介しますので参考にしてください。

ぷらら光ってどんな光回線?

ぷらら光とはどんな光回線

ぷらら光とはフレッツ光と同じ回線を利用した光回線で、ぷららというプロバイダが提供しているサービスになります。

プロバイダとの契約を別でする必要がありませんので、ぷらら光に申し込みをするだけですぐにインターネットを利用できる手頃な回線になります。

 

ぷらら光の基本情報

ぷらら光の基本情報
月額料金 戸建て:4,800円
マンション:3,600円
工事費 戸建て:18,000円
マンション:15,000円
最大通信速度 最大1Gbps
キャッシュバック 現金35,000円(10ヶ月後)

ぷらら光では月額利用料金が、「戸建て4,800円、マンション3,600円」と他の光回線と比べても500円〜1,000円ほど安いため月々の利用料金を抑えたい人にとっては向いている光回線です。

 

フレッツ光の回線を利用するため、最大速度1Gbpsと他社と比べても変わらない理論値も出ているため光回線の中では月額料面だけで見るとお得になります。

 

工事費が1点注意ポイントです。ぷらら光では工事費は無料キャンペーンなどを行なっていないので必ず発生する費用になります。他社の光回線だと工事費無料キャンペーンがあるため、工事費の金額が0円になるためこの段階で月額料金がたとえ安かろうが、15,000円or18,000円無駄な出費がかかってしまいます。

 

キャッシュバック金額は、35,000円のため他社とさほど大差がありませんが受け取ることができる期間まで長いので受け取りまで10ヶ月間かかってしまいます。
他社光回線だと早くて1ヶ月遅くて4ヶ月ほどでキャッシュバックを受け取ることが出来ます。

ぷらら光は光コラボ

ぷらら光について

ぷらら光は光コラボのためフレッツ光と同回線を利用して通信する方法になります。

簡単にいうとフレッツ光が光回線を提供してそこに自社サービス(プロバイダや料金)などを販売することができることです。

 

ぷらら光以外には下記の光回線も光コラボでフレッツ光と同回線を利用しています。

 

光コラボの光回線
  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • so-net光など

 

光コラボのメリットとしては、フレッツ光が持っている全国に対応する光回線を利用できるため、幅広いユーザーに利用していただくことが可能でユーザー数も増えるため料金を安くすることができるメリットがあります。

 

デメリットとしては、ただでさえユーザー数の多いフレッツ光の光回線を利用するため回線が混雑しやすいことです。従来の「Ipv4接続」では無くドコモ光やソフトバンク光のように新しい接続方式である「Ipv6接続」が利用できるかが鍵になります。

 

ぷらら光は市販で購入するルーターによって「Ipv6対応」か変わります。
購入するルーターによっては「Ipv4」しか利用できないこともあります。他社光回線の場合は、契約と同時に「Ipv6対応」のルーターをレンタルできるので心配いりません。
光コラボでは利用料金は数百円の差でしか無いため、利用料金はもちろん工事費やキャッシュバックやルーターのレンタル有無など総合的に判断して光回線を利用することが重要です。

ぷらら光の評判は?

次は実際に使用しているユーザーのぷらら光に対する評判を見ていきましょう。
良い評判もあれば悪い評判も必ずどの光回線でもあるので把握しておくと良いでしょう。

 

 

ぷらら光は通信速度が早い人もいれば遅い人もいるのでご自身の環境によって通信速度は変化すると思った方が良いです。もし「Ipv6接続」できるルーターが手元にあるのであれば選択肢に入りますが、わざわざ購入を考えているなら他社光回線を契約した方がコストはかからずに済みます。

 

ぷらら光の評判から見ると、契約縛りが無いことですが現金35,000円のキャッシュバックを受け取る場合は、解約違約金がかかる点に注意です。 

解約違約金がかかるためキャッシュバックを受け取ったとしてもキャッシュバック金額を返す形になるので結局キャッシュバック無しで申し込みをしているのと一緒です。

他社と比較するぷらら光

ぷらら光と他社を比較した評判

それではぷらら光と他社光回線を比較して検討していきましょう。

他社と比較してぷらら光を見ていくことでどの光回線を契約すればお得かわかるようになります。

ぷらら光月額料金で比較

他社と比較した月額料金

ぷらら光 NURO光 ソフトバンク光 au光 ドコモ光
戸建て 4,800円 4,743円 5,200円 5,200円 5,200円
マンション 3,600円 1,900円 3,800円 4,100円 4,000円

 

ぷらら光を月額料金で比較するとぷらら光は他社回線と比べても上限400円安いことが分かります。

マンションの場合はNURO光の方がお得に利用できるためぷらら光よりも安く利用できます。

 

この上限400円がどのように動くかで重要なことは、光回線のスマホ割引です。

ぷらら光スマホ割引で比較

他社と比較したスマホ割引

ぷらら光 NURO光 ソフトバンク光 au光 ドコモ光
スマホ割引 無し 家族を含めた契約台数分
1,000円OFF
家族を含めた契約台数分
1,000円OFF
最大
2,000円
最大
3,500円
キャリア 無し ソフトバンク ソフトバンク au ドコモ

 

光回線では月額利用料金よりもスマホ割引で選んだ方がお得になることが分かります。

 

例えばぷらら光ではスマホ割引はありませんが、ソフトバンクの携帯を家族で4台所有しているとNURO光とソフトバンク光では4,000円割引が適用されます。ドコモ光やau光も対応するキャリアを持っていれば割引が適用されるので、利用料金は下記になります。

 

スマホ割引適用後の月額料金

ぷらら光 NURO光 ソフトバンク光 au光 ドコモ光
戸建て 4,800円 4,743円 5,200円 5,200円 5,200円
マンション 3,600円 1,900円 3,800円 4,100円 4,000円
戸建て
割引後
4,800円 743円 1,200円 3,200円 1,700円
マンション
割引後
3,600円 +2,100円 +200円 1,600円 500円

 

このようにスマホ割引によって得られる恩恵はとっても大きくスマホ割引を考えずに利用料金だけで「ぷらら光」を契約してしまうと非常に損をします。
光回線を選ぶ上で欠かせないのは、スマホ割引で判断することが非常に重要です!

ぷらら光工事費で比較

他社と比較した工事費

ぷらら光 NURO光 ソフトバンク光 au光 ドコモ光
工事費
戸建て
マンション
18,000円
15,000円
40,000円 24,000円 37,500円 18,000円
15,000円
無料
キャンペーン
無し 有り 有り 有り 無し

 

工事費を比較してみると、ぷらら光は工事費だけで見ると安く感じて他社の光回線は高く感じますよね?ですが他社光回線には工事費無料キャンペーンがあるので実質無料に出来ます。

ぷらら光が工事費が1番安いからといって正直に払ってしまうととても勿体無いのでぷらら光を選択する理由で工事費を選ぶことは間違いです。

ぷらら光よりも他社光回線を選ぶべき理由

ぷらら光の評判

ぷらら光よりも他社光回線を利用するメリットは下記になります。

ぷらら光では利用料金がただ安いだけで毎月の通信費を下げることにはなりません。

他社光回線をオススメする理由
  • 月額利用料金に上限400円しか差が無い
  • スマホ割引が適用され月額利用料金を割引できる
  • 工事費無料キャンペーンがある
  • 「Ipv6対応ルーター」を無料レンタルできる

上記が他社光回線をオススメする理由です!
ぷらら光は安いと言われますがスマホ割引無しで上限400円しか変わりません。

対応するスマホを持っていれば最低1,000円割引はどの光回線でも割引されるので、ぷらら光を選ぶメリットは存在しません。

さらにぷらら光では工事料金などは全て自己負担になりますが、他社光回線ですと工事費も無料に出来るのでぷらら光よりもお得に利用することが出来ます。

「Ipv6対応ルーター」も他社光回線では無料でレンタルできるプランが有りますが、ぷらら光だと市販のルーターを購入する必要があるのでルーター代金も不要にかかってしまいます。

このようにぷらら光を利用料金だけで契約してしまうととても勿体無いので他社光回線で契約した方が結果的に安く通信費を抑えることが出来ます。

ぷらら光よりもオススメな光回線

ぷらら光よりも安い光回線

ぷらら光よりもオススメな光回線をご紹介していきます。
今回選んだオススメ光回線のポイントは下記になります。

おすすめ光回線のポイント
  • 月額料金の安さ
  • スマホ割引
  • キャッシュバック
  • Ipv6接続対応

この4つの観点から選びぷらら光よりも安く毎月利用できることを条件に選んでいます。
キャッシュバックもオプション不要で1番高額なものを選びましたのでぜひお得に光回線をご契約ください。

NURO光

NURO光

NURO光はキャッシュバックを含めても断トツの1位で、合計金額で見てみてもキャッシュバックを含めれば+27,257円という結果になりました。

月額料金も他社と比べても1番安いため毎月の通信費を節約することが出来ます。
マンションプランなら1,900円で光回線を契約できるので他社と倍近く値段が違います。

最大速度も最大10Gbpsで他の光回線と比べても10倍速いんです。

ただ1点デメリットとしてはエリアが限られていることです。
最近ではどんどんエリアも拡大されておりますが、全国対応していない回線になるのでエリアが利用できれば規約するべき回線です。

ソフトバンクユーザーならスマホ割引も適用されるのでさらに安く利用することが出来ます。

下記から申し込むと現金35,000円キャッシュバックがあるためお得に利用できます。

NURO光
月額料金 戸建て  :4,743円
マンション:1,900円
キャッシュバック 現金35,000円
オプション加入 必要無し
乗り換え工事費 無料

ドコモ光

ドコモ光のオススメキャッシュバック

第2位はドコモ光でキャッシュバック金額を含めるとプラス8,800円になります。
月額料金も相場より安いため契約初期もお得に利用できれば毎月の通信費も安いので魅力的な回線です。

ドコモ光では「v6プラス」という新しい接続が可能で高速通信が可能になるため混雑する時間帯でもスムーズに利用することができます。

ただし契約する窓口によって「v6プラス」対応のルーターは有料オプションになる場合もあります。
当サイトでおすすめする窓口は無料でレンタルできるので思う存分利用することができます。

ドコモ光はドコモの携帯を持っていればスマホ割引が適用されるので安く利用することが可能です。

下記から申し込みをすれば現金20,000円とdポイント15,000ptキャッシュバックで受け取ることができます。

ドコモ光
月額料金 戸建て  :5,200円
マンション:4,000円
キャッシュバック 現金20,000円
dポイント15,000pt
オプション加入 必要無し
乗り換え工事費 無料

ソフトバンク光

ソフトバンク光ソフトバンク光は第3位で合計金額ではプラス2,800円になりました。

ソフトバンク光はNURO光と同様にドフトバンクユーザーなら大変お得に利用することが出来て、家族を含めた携帯台数×1,000円割引が適用されます。

家族4人ともソフトバンクの携帯なら4,000円割引が適用されるのでとっても安く利用することが出来ます。

月額料金や安さではNURO光の方が優っていますが、ソフトバンク光は全国エリアですのでNURO光の申し込みがエリア外だった場合は、ソフトバンク光を選ぶと良いでしょう。

ソフトバンク光にも「Ipv6接続」という高速通信可能な接続があるので回線の混雑なくスムーズに利用したい方はぜひ試してみてください。

ソフトバンク光
月額料金 戸建て  :5,200円
マンション:3,800円
キャッシュバック 現金35,000円
オプション加入 必要無し
乗り換え工事費 無料

ぷらら光は月額料金の安さで選ばない方が良い

ぷらら光の評判

ぷらら光は月額料金だけで選ばない方が良いことはご理解いただけましたか?

ぷらら光は月額料金だけで見るととっても安くて魅力的ですがスマホ割引や工事費で総合的に判断すると他社光回線よりも多く金額を支払ってしまうことになります。

光回線を選ぶときは毎月に利用料金だけでなく、スマホ割引やキャンペーンの有無で選ぶことが非常に重要になります。

他社の光回線を選ぶべき理由
  • 月額利用料金に上限400円しか差が無い
  • スマホ割引が適用され月額利用料金を割引できる
  • 工事費無料キャンペーンがある
  • 「Ipv6対応ルーター」を無料レンタルできる

上記の判断から当サイトではぷらら光よりも他社光回線がお得になります。

光回線では自分にあった割引制度や自分にあった回線を選ぶことがポイントで、人それぞれお得な光回線は変わってきますのでぜひ参考に毎月の通信費を抑えて楽しいインターネットをご利用ください。

おすすめの記事