Wi-fiルーターの賢い選び方!オススメのポイントを初心者にもわかりやすく解説
sasint / Pixabay

無線LAN(Wi-fi)ルーターを選ぶときって難しい言葉がたくさん並んでいてどれを選べば良いのか分からないことありませんか?

意味が分からないアルファベットや数字が書いてありどれを買えば良いかルーターの選び方が複雑になっているのが問題です。

 

結局分からないから安いのを購入してしまうと本来持っているインターネット回線のパフォーマンスを最大限引き出すことが出来なくなります。光回線なのに通信速度が遅いからはルーターの選び方から間違えている可能性があります。

 

今回の記事では無線LAN(Wi-fi)ルーターの選び方について初心者でも分かりやすくまとめたのでぜひルーター選びの参考にしてください。

無線LAN(Wi-fi)ルーターとは?

ルーターの選び方

無線LAN(Wi-fi)ルーターとは、電子機器(パソコンやスマホ)を無線でインターネット接続するための機器です。有線LANと違うところは、無線のためケーブルが必要なく通信エリア内であればどこにいてもデバイスでインターネットに接続できるメリットがあります。
無線LAN(Wi-fi)ルーターを繋ぐことでWi-fiを利用することが出来る電子機器のことです。

無線LAN(Wi-fi)ルーターは市販のものもあれば、光回線を契約することで無料でレンタル出来るサービスもあります。

自宅の光回線もルーターが無ければ有線LANケーブルで接続する必要がありますが、無線LAN(Wi-fi)ルーターを揃えることで自宅でもWi-fi環境をご自身で作ることが出来るのが魅力の1つです。

 

現在は無線LAN(Wi-fi)ルーターを使う世帯も増えてほとんどの人が、Wi-fi環境を自宅で作っていますが、無線LAN(Wi-fi)ルーターの選び方を間違えるとせっかく契約している光回線も通信速度がルーターのせいで低下してしまう恐れがあります。

 

無線LAN(Wi-fi)ルーターにも選び方があり、自宅のネット回線にマッチした無線LAN(Wi-fi)ルーターを選ぶことがポイントになります。

無線LAN(Wi-fi)ルーターの選び方

ルーターの選び方

それでは無線LAN(Wi-fi)ルーターの選び方について解説していきます。

無線LAN(Wi-fi)ルーターは正しく選ぶことで通信速度のパフォーマンスを最大限引き出すことが出来るので、もしネット回線が遅い人は選び方を見直して現在使用しているルーターが正しいかどうか判断するようにしましょう。

 

ルーターの選び方 ポイント
  1. Wifi規格
  2. 利用数の上限目安
  3. 設置場所
  4. ルーター機能
  5. セキュリティー

 

この5つがルーターの選び方で重要になるので順番に説明していきます。

①Wifi規格

ルーターの選び方

ルーターの選び方で重要なポイントはまずはWi-fi規格を知ることです。

インターネット回線では通信規格というものが存在して通信規格をしっかりと判断しなければ間違ったルーターを選んでしまうことになります。

 

インターネット回線の通信規格

規格 周波数 最大通信速度 特徴
IEEE802.11a 5GHz 54Mbps 障害物に弱い、屋外で利用できない
電子機器が周りにあっても繋がる
IEEE802.11b  2.4GHz 11Mbps 障害物に強い、電子機器が周りにあると電波の干渉を受けやすい
IEEE802.11g 2.4GHz 11Mbps 54Mbp 障害物に強い、電子機器が周りにあると電波の干渉を受けやすい
IEEE802.11n 2.4GHz 600Mbps 障害物に強い、電子機器が周りにあっても大丈夫、電波が遠くまで届く
5GHz 600Mbps
IEEE802.11ac 5GHz 6.9Gbps 通信速度が早く快適

インターネット回線の通信規格は上記の表になり下になればなるほど最新の規格になります。

通信規格は全部で5種類に分かれており「IEEE802.◯◯」のように○の部分が変わることで通信規格が変わります。

覚え方としては「11ac」や「11n」などの○○の部分だけ覚えておくと覚えやすいです。

 

現在では光回線など最大通信速度1000Mbpsが一般的なり、無線LAN(Wi-fi)ルーターの選び方でも通信規格に沿ってルーターを選ぶ必要があります。

 

例えば自宅で光回線(1000Mbps)を利用しているのに、ルーターは「11a」で最大速度54Mbpsを選んでいる場合、光回線の持ち味である最大通信速度がルーターのせいで出なくなってしまうので注意が必要です。

 

ルーターの選び方は「11n」もしくは「11ac」の規格に対応したルーターを選択するようにしてください。

もし現在上記以外のルーターを利用していて通信速度が遅いのであればルーターを変更することで通信速度の向上が見込めます。

 

現在市販されている無線LAN(Wi-fi)ルーターは、「11ac」と「11n」の複数規格に対応しているものばかりなのでどちらも対応するルーターを購入すればルーター選びで迷うことはありません。

 

現在市販で販売されているものはほとんど「11ac」と「11n」に対応しています。
自宅にあった古いルーターを使用している場合は、必ず通信規格をチェックするようにしてください。amazonや家電量販店などの安いルーターでは現在でも「11n」より低い通信規格のルーターも販売されているので、購入するときは注意してください。
値段が安いからという理由で購入するのだけは辞めましょう。

②利用数の上限目安

ルーターの選び方

無線LAN(Wi-fi)ルーターの選び方で接続台数を必ず確認するようにしましょう。
無線LAN(Wi-fi)ルーターは機器によって接続台数の目安がパッケージや説明書に記載してあります。
接続台数が多くなればなるほど、通信速度も低下してしまうので接続台数以上の機器をインターネットに繋ぐことは控えましょう。
家族が4人であってもスマホ以外のパソコンやipadなど常時接続するデバイスが多くなればなるほど通信速度も遅くなるので家族の人数では無く接続予定の機器の数を目安に選ぶようにしてください。
 ipadなどは電源ONになっているだけ接続してしまうので利用しないときはWifiを切るなど普段使わないデバイスは接続しないようにしましょう。最近の家電製品はインターネットに繋ぐことが出来るので、接続上限を気づかない間に超えていたということがあります。

③設置場所

Wifiルーターの選び方

無線LAN(Wi-fi)ルーターを選ぶときは設置場所によって選び方を変えるのもポイントです。

 

例えば自宅がマンション一室なのか家族で住んでいる一軒家なのかによっても無線LAN(Wi-fi)ルーターの選び方は変わってきます。

 

ルーターの選び方として選ぶ方法は「通信規格の周波数」で選択することが1つの方法です。

周波数は通信規格だと「5GHz」と「2.4GHz」の2つがありどちらもメリットとデメリットがあります。

周波数のメリットとデメリット

5GHz 2.4GHz
メリット 電波干渉が無く電子機器の周りにおいても通信遮断が起きない 障害物に強く遠くまで電波が届く
デメリット 障害物に弱いため遠い所に電波を届けるのが困難 電子レンジや冷蔵庫の周波数と同じため電波干渉を受けやすい

周波数によってメリットとデメリットがあるので、無線LAN(Wi-fi)ルーターの選び方では周波数でも選ぶようにしましょう。

「11ac」の場合は周波数が5GHzですが、「11n」の場合は5GHzと2.4GHzの2つがあるため間取りが広い方は「11n」を選択すると良いでしょう。

 

ただし「11ac」であっても自宅に中継器を設置したり、ビームフォーイングという機能が搭載された無線LAN(Wi-fi)ルーターを選べば周波数が5GHzであっても問題なく利用することが出来ます。

 

もし現在一軒家などの広い間取りで周波数5Ghzを利用しているのであれば中継器やビームフォーイング付きのルーターに変更することを視野にいれましょう。

④ルーター機能

現在市販されているルーターには様々な機能があり、ルーターの機能で選ぶ商品を決めるのもオススメな方法です。

ルーターの選び方

おすすめルーター機能
  • ビームフォーイング
  • 干渉波自動回避機能
  • 高性能CPU
  • ストリーム数

 

まだ他にもルーターの機能はありますがこの4つを抑えておけばルーターの選び方はバッチリです。

ルーターのおすすめ機能

ビームフォーイング 電波を遠くまで届ける機能で自宅の離れたところでも接続できる機能
干渉波自動回避機能 電波の干渉を防ぎ、他の電子機器の電波が干渉しそうになれば自動で接続チャンネルを変更する機能
高性能CPU 動画の視聴やオンラインゲームの処理速度が早くなるため高速通信が必要な人にとっておすすめの機能
ストリーム数 アンテナの本数のことでストリーム数が多ければ多いほど同時接続がスムーズにできる機能
家族で一緒に利用する人の推奨はストリーム4
無線LAN(Wi-fi)ルーターの選び方ではこれらの機能で判断すると良いでしょう。
高性能CPU搭載は一人暮らしであっても家族で一軒家に住んでいる方も必要になる機能ですので抑えておくと通信速度の向上が見込めます。

⑤セキュリティー

ルーターの選び方

無線LAN(Wi-fi)ルーターは通信規格と違いセキュリティー規格もあるためセキュリティーをしっかりと考えて選ぶようにしましょう。
セキュリティー規格の選び方を知らなければ通信が傍受される恐れがあるので注意してください。
セキュリティー規格
特徴
WEP 最初に無線LANのために開発された規格。古い規格で暗号化されていても解読される可能性があるので現在は使わない方が良い。
WPA WEPよりも強力になったが現在解読される恐れがあるため使わない方が良い
WPA2 現在最も利用されている規格で解読される恐れが非常に少なく現在では安全に利用することができる
WPA3 最新規格でWPA2よりも強力ですが対応する市販のルーターもあまり無いため普及はしていない
現在最も利用されるのは、「WPA2」の規格で無線LAN(Wi-fi)ルーターを選ぶときも「WPA2対応」のものを選べば問題なく利用できます。
現在WEPを利用している方はすぐにでも無線LAN(Wi-fi)ルーターを買い換えることをおすすめします。
現在「WPA2」の規格対応のルーターでも「WAP」用のSSIDがあるので接続するときは注意しましょう。「WAP」用のSSIDがある理由としてゲスト用や「WAP」でしか接続できない端末があるので記載されています。見慣れた文字だからと「WPA2」があるにも関わらずWAPに接続することは辞めましょう。

ルーターの選び方の結論

ルーターの選び方の結論

ルーターの選び方のポイントを踏まえてどのルーターを選択すれば良いのかお伝えします。

 

ルーターのおすすめな選び方
  • 「11n」or「11ac」対応
  • 高性能CPU搭載
  • ビームフォーイング搭載
  • WPA2対応

この4つを踏まえてルーターを選ぶことをオススメします。

これらの情報は市販のルーターを購入するときにパッケージや説明文の所に記載があるので確認してから購入するようにしてください。

 

一軒家かマンションでおすすめの周波数も変わってきます。
マンションなら5Ghzで一軒家なら2.4Ghzがオススメです。

しかし一軒家で5Ghzでも中継器を設置したり、ビームフォーイング搭載のルーターなら問題なく利用できるので周波数はそこまで考えなくても良いです。

 

通信速度の低下を防ぐために利用しないデバイスはWi-fiを切っておくことで、快適なインターネットを利用することができます。

 

通信速度が遅いときは回線そもそもの問題やルーターの問題など原因があります。
現在古いルーターを利用している方は、今回のルーターの選び方のポイントを踏まえて新しく買い換えることで通信速度の向上が見込めます。

 

ぜひ快適なインターネットライフで楽しい生活をインターネットと共にしていきましょう。

オススメ光回線キャッシュバック

ドコモ光
最大35,000円相当のキャッシュバック
ドコモ光はネットから契約すれば「現金15,000円」「dポイント20,000円」合計35,000円相当のキャッシュバックが貰えます。

ドコモ光はWifiを契約するうえでとってもお得に始めることができます。

フレッツ光と同じ速度で利用できるため自宅でサクサクWifiを利用することが可能!
さらにドコモの携帯を利用している方は、月々の料金からさらに割引もあるため家計の節約にももってこいです。

ソフトバンク光
最大35,000円の高額キャッシュバック
ソフトバンク光は当サイト限定で最大35,000円のキャッシュバックキャンペーン開催中です!

高額キャッシュバックがあるのでお得にご利用できるうえ、Softbankの携帯を持っていれば「おうち割光セット」を利用し、月々のスマホ料金も割引になるのでとってもお得!

NURO光
最大35,000円キャッシュバック
NURO光は何といっても超高額キャッシュバックがお得!
最大35,000円キャッシュバックで超お得!!
NURO光 公式のキャッシュバックなので安心安全にご利用できます。

NURO光は最大35,000円キャッシュバックを受け取ることができます。
さらに初回工事費の40,000円も無料になるためとってもお得に始めることができます。
オプション不要で月額料金のみで安心してご利用いただけます。

おすすめの記事