Wifiルーターの寿命では?通信速度が遅いときの買い替えるタイミング
itsbytespixels / Pixabay

Wi-fiルーターがあると自宅でも気軽にどこでもWi-fiに繋ぐことが出来てとっても便利ですよね?

 

ただWI-fiルーターを長く利用していると通信速度が遅くなってきたりWi-fiに繋いでも途中で途切れたりと日常生活に支障を来たす場合がございます。

 

Wi-fiルーターは機械ですので、永久に使える訳では無く寿命があり推奨使用年数も決まっております。

 

もしWi-fiルーターを長く使っており通信速度の低下や回線が途中で途切れる症状が出てきたらルーターの寿命を疑ってください。

 

今回はWi-fiルーターの寿命と買い替えるタイミングについて記事にしたので参考にしてください。

Wi-fiルーターの寿命を考えるべき要因

Wi-fiルーターの寿命を考えるべき要因

Wi-fiルーターは長く利用していれば必ず寿命が訪れます。

どんな機械でも寿命はありWi-fiルーターの寿命が来れば、通信速度の低下やWi-fiが繋がらないといった日常生活に支障を来たすレベルの寿命になります。

 

そこでまずはWI-fiルーターの寿命を考えるべき要因について記載していきます。

 

Wi-fiルーターを長く利用して下記の症状が出るようになればルーターの寿命を疑ってください。

 

Wi-fiルーターの寿命を考える要因
  • WI-fiへの通信が途中で途切れる
  • 通信速度が遅くなった
  • 電源が何もしていないのにOFFになる

 

Wi-fiへの通信が途中で途切れる

Wi-fiルーターの寿命で1番多いのがこの「Wi-fiへの通信が途中で途切れる」ことです。

 

長い間利用しているとWi-fiルーターの寿命が近づき、何もしていないのにパソコンやスマホでWi-fiを利用していると通信が途中で途切れるようになります。

 

インターネットを利用していて急にWi-fiの接続が切れる方はWi-fiルーターの寿命を疑った方が良いです。

通信速度が遅くなった

Wi-fiルーターを利用して「通信速度が遅くなった」など購入して利用していた時よりも悪い状況になっているならWi-fiルーターの寿命だと考えられます。

 

一時的に遅くなったり日によって通信速度が早い時もあるなら寿命以外の可能性が考えられますが、慢性的に遅くなる場合は、Wi-fiルーターの寿命が考えられます。

電源が何もしていないのにOFFになる

WI-fiルーターを利用していて何もしていないのに電源がOFFになる場合は寿命が原因と考えられます。

 

ただし寿命だと疑って買い替える前に下記のことをチェックしましょう。

 

Wi-fiルーターチェックポイント
  • コードやケーブルが抜けていないかチェック
  • 電源元のコンセントが原因でないかチェック
  • 1回限りか頻繁に起こるのかチェック

 

Wi-fiルーターの寿命を疑う前に必ず上記はチェックするようにしましょう。

 

コードやケーブルの取り付けが甘く接触的な理由で電源がOFFになることもあります。
あとは繋いでいるコンセントが原因でコンセント自体が繋がっていない場合もあるので、電源元を変えてチェックすることも大切です。

 

Wi-fiルーターの寿命では無いのに買い替えるのが1番金銭的にも時間的にも勿体無いので買い替える前に必ずチェックして寿命かどうかを確認するようにしましょう。

購入したときよりも「悪くなっている」が寿命のポイント

先ほど説明したことで言えるWI-fiルーターの寿命を考えるポイントとしては、「購入したときよりも悪くなっている」がポイントになります。

 

購入してまだ間もない頃に通信速度の低下やWi-fiが途中で途切れてしまう場合は、契約している回線に問題があるかWi-fiルーターの初期不要が考えられます。

 

WI-fiルーターの寿命かどうかを判断するポイントは、購入して利用したときよりも症状が悪くなっているかで判断するようにしましょう。

Wi-fiルーターの寿命は何年??

Wi-fiルーターの寿命は?

次はWi-fiルーターの寿命についてご説明していきます。

Wi-fiルーターの寿命は下記の3つに分かれます。

 

Wi-fiルーターの寿命
  • 機械の寿命
  • 通信規格の寿命
  • セキュリティーの寿命

 

Wi-fiルーターの寿命といってもこれだけの寿命があるのでそれぞれ解説していきます。

機械の寿命

機械の寿命とはWi-fiルーターが経年劣化で壊れるであろう寿命の目安のことです。

 

Wi-fiルーターの寿命はメーカーなどでも示されておりますが、「3年〜6年」が一般的な機器の寿命になります。

どこのメーカーも「3年〜6年」が一般的であり、環境が悪くWi-fiルーターにダメージを与えることが多い場合は、「3年前後」で買い替えどきが来る方もいらっしゃいます。

 

何もトラブルも無く大きな負担をWi-fiルーターにかけていなければ「6年以上」持つ場合もありますが、規格やセキュリティー面の寿命も同時に見るとあまりオススメしません。

 

最近ではスマホの普及に伴い家族全員がスマホを所有して同じWi-fiルーターに接続することも増えているためWi-fiルーターへの負担も大きくなり耐用年数は「3年〜4年」を見ていただくと大丈夫でしょう。

 

WI-fiルーターの寿命が近づくと急にWi-fiを接続できなったり日常に支障を来たすので耐用年数の寿命内で買い替えを考えておくとスムーズに買い替えも出来るでしょう。

通信規格の寿命

通信規格の寿命とは、「無線LAN通信」の規格で規格により最大速度や特徴が決まっております。

 

新しい通信規格が出てくるのが「2年〜6年」になるためWi-fiルーターの通信規格の寿命は「2年〜6年」になります。

 

無線LAN通信の規格

規格 周波数 最大通信速度 特徴
IEEE802.11a 5GHz 54Mbps 障害物に弱い、屋外で利用できない
電子機器が周りにあっても繋がる
IEEE802.11b  2.4GHz 11Mbps 障害物に強い、電子機器が周りにあると電波の干渉を受けやすい
IEEE802.11g 2.4GHz 11Mbps 54Mbp 障害物に強い、電子機器が周りにあると電波の干渉を受けやすい
IEEE802.11n 2.4GHz 600Mbps 障害物に強い、電子機器が周りにあっても大丈夫、電波が遠くまで届く
5GHz 600Mbps
IEEE802.11ac 5GHz 6.9Gbps 通信速度が早く快適

 

上記は無線LAN通信の規格表になります。

 

本体の耐久年数の方が高いため利用しようと思えば利用できますが、通信規格が変われば通信速度の低下が起きる原因にもなります。

 

特にスマホは今ではどの世帯でも利用されていますが、新しいスマホなどが出ると新しい通信規格推奨になるため、WI-fiルーターが古いと古い通信規格での接続になり最大限Wi-fiの速度が発揮できません。

 

スマホを買い替えた時は通信規格を参考にWi-fiルーターを買い替えるのも1つのタイミングです。

セキュリティーの寿命

Wi-fiルーターの寿命では機械の寿命、通信規格の寿命の他に「セキュリティーの寿命」も考えなければいけません。

 

Wi-fiルーターは暗号化して通信が行われますが、セキュリティーの規格が古くなってしまうと暗号を解かれてIDやパスワードなどの個人情報が漏洩する原因にもなります。

最も悪いケースの場合、クレジットカードの情報やショッピング履歴なども盗まれる可能性があるのでかなり注意が必要です。

 

セキュリティーの規格が変更されるのが「2年〜5年」ですので、Wi-fiルーターの機械の寿命がまだであってもこのタイミングで買い替えることをオススメします。

 

古い状態だとどうしても防御力が弱くなり攻撃されるリスクが高まってしまうので。

 

Wi-fiルーターはほとんどの世帯やお店でも利用されていますが、しっかりとセキュリティー規格の知識が無いと漏洩などの危険性もあるため自宅は勿論のこと、お店などを経営されている方も把握しておくべきことです。

メーカーの修理保証はどれくらい??

メーカーの修理保証は一般的に短くて1年長くて3年になります。

 

そのためWi-fiルーターの寿命が来る前に、機器に不調が起きれば無料で対応してくれるケースがほとんどです。

 

ただし寿命が近づいてくる3年を超えてしまうと、Wi-fiルーターの修理も有料になり新しく買い替えた方が安い場合もあります。

特に新しく買い換えることで規格の寿命やセキュリティーの寿命にも対応できるので、メーカー修理が切れている場合には、素直に新しいWi-fiルーターに買い換えることをオススメします。

Wi-fiルーターの寿命を早めてしまう要因

Wi-fiルーターを寿命よりも長く使う方法

Wi-fiルーターの寿命はご理解いただけましたか?

 

Wi-fiルーターは使い方によって本当に耐用年数や寿命に差が出てきます。

特に毎日使っているものなのでWi-fiルーターにダメージを与えてしまう行動を知らず知らずに間に行なっていると寿命よりも前に買い替えが必要になるケースもあります。

 

Wi-fiルーターの寿命を早めしまう要因は下記になります。

 

Wi-fiルーターの寿命を早めてしまう要因
  • 熱が当たる場所やこもる場所に設置する
  • Wi-fiルーターへの接続台数が多すぎる
  • 24時間毎日フル稼働

 

それではWi-fiルーターの寿命を早める要因を順番に解説していきます。

熱が当たる場所やこもる場所に設置する

Wi-fiルーターは熱は大敵であり熱による寿命劣化が起こされます。

 

Wi-fiルーターを設置するときは熱の当たらない日陰の場所や、熱がこもる密閉空間などはできるだけ避けて通気性の良い場所に置くことがオススメです。

 

テレビ線が近い家庭などはテレビの後ろやすぐ横に置く方もいますが、テレビ稼動時の熱などの影響もあるためできるだけ家電製品とは離して利用することをオススメします。

 

さらに1ヶ月に1度で良いので部屋の掃除のついでにWi-fiルーターについた埃などを落としてあげることで寿命を早めてしまう原因を解決することが出来ます。

Wi-fiルーターへの接続台数が多すぎる

Wi-fiルーターへの接続台数が多すぎる方も注意が必要です。

 

Wi-fiルーターは、推奨接続台数が決められており決められた接続台数よりも多く接続することでWi-fiルーターへの負担がかかり寿命が縮まる可能性がございます。

 

推奨接続台数は越していないにしても、Wi-fiルーターへの負担はかかってしまうのでできるだけ自宅でWi-fiを利用するときは普段使用しない電子機器のWi-fiは切っておくことをオススメします。

 

ipadなどを登録しておくと常にWi-fiに接続するのでipadなども使うときだけ接続するというようにipad側で接続を切っておくと接続台数を減らすことが出来ます。

24時間フル稼働

Wi-fiルーターは24時間常に付けっ放しにしておくと常に熱がこもっている状態が続くため1ヶ月に1度機器の再起動をしてあげるようにしましょう。

 

特にWi-fiルーターで何も問題が起こっていないと気づいたら1年間ずっと付けっ放しだったということもあります。再起動をしてあげることで溜まったアクセスログの削除や冷却の役目もあるので、通信速度向上にも繋がります。

 

再起動をするときのポイントとしては、電源OFFのあとに5分くらい機器の冷却を目的に時間を置いてから電源ONするようにしましょう。

電源OFFのあとにすぐに電源ONするとWi-fiルーターの負担が高くなり逆にダメージを与えてしまうので注意してください。

Wi-fiルーターを選ぶべきポイント

Wi-fiルーターを選ぶべきポイント

それではWi-fiルーターの寿命で買い換えるときに選ぶポイントをご説明していきます。

 

Wi-fiルーターを選ぶべきポイントは「通信規格」で選ぶようにしましょう。

 

先ほどWi-fiルーターの通信規格の寿命で説明した表をご覧ください。

無線LAN通信の規格

規格 周波数 最大通信速度 特徴
IEEE802.11a 5GHz 54Mbps 障害物に弱い、屋外で利用できない
電子機器が周りにあっても繋がる
IEEE802.11b  2.4GHz 11Mbps 障害物に強い、電子機器が周りにあると電波の干渉を受けやすい
IEEE802.11g 2.4GHz 11Mbps 54Mbp 障害物に強い、電子機器が周りにあると電波の干渉を受けやすい
IEEE802.11n 2.4GHz 600Mbps 障害物に強い、電子機器が周りにあっても大丈夫、電波が遠くまで届く
5GHz 600Mbps
IEEE802.11ac 5GHz 6.9Gbps 通信速度が早く快適

 

この通信規格から選ぶことがWI-fiルーターを買い換えるポイントになります。

 

現在のWi-fiルーターの通信規格の主流は「IEEE802.11ac」で一般的には「11ac」と呼ばれています。

この「11ac」を利用することで以前のWI-fiルーターは「11n」の方だと最大11倍早くなる理論値が出ます。

※参照:Baffaro公式

こちらの「11ac」を利用することで通信速度が比較的向上しますので現在Wi-fiルーターを買い換えるタイミングなら、「11ac」が利用できるか出来ないかで判断するようにしましょう。

 

最近のWi-fiルーターは、複数の規格に対応しているものもあるので、スマホが古い方や「11n」の規格での接続の方は、「11ac」と「11n」の両方を利用できるWi-fiルーターを選んでおけば問題ありません。

光回線を契約している方は、契約先でWi-fi機器のレンタルが可能になっているため契約先でWi-fi機器を借りることで推奨規格での接続が出来ます。

市販のルーターを買い換える人は「11ac」と「11n」の規格に対応しているルーターを選びましょう。

Wi-fiルーターの寿命 まとめ

Wi-fiルーター寿命について

Wi-fiルーターの寿命は下記になります。

 

Wi-fiルーターの寿命年数
  • 機械の寿命:3年〜5年
  • 通信規格の寿命:2年〜6年
  • セキュリティーの寿命:2年〜5年

 

機械の寿命は長かったとしても規格の寿命が近づけば通信速度の低下に繋がるし、セキュリティーの寿命が近づけば個人情報を盗まれるリスクもあります。

 

そのためWi-fiルーターの総合的な寿命としては「3年」で長く使うとしても「4年」までには買い換えることを検討しましょう。

 

節約のつもりで長く使うことで、通信速度が遅くなりイライラしたり個人情報を盗まれては一切節約になりません。

 

Wi-fiは毎日使うもので生活の上で欠かせない一つのツールですので妥協せずに寿命が来る前に買い替えて快適にインターネットを楽しましょう。

オススメ光回線キャッシュバック

ドコモ光
最大35,000円相当のキャッシュバック
ドコモ光はネットから契約すれば「現金15,000円」「dポイント20,000円」合計35,000円相当のキャッシュバックが貰えます。

ドコモ光はWifiを契約するうえでとってもお得に始めることができます。

フレッツ光と同じ速度で利用できるため自宅でサクサクWifiを利用することが可能!
さらにドコモの携帯を利用している方は、月々の料金からさらに割引もあるため家計の節約にももってこいです。

ソフトバンク光
最大35,000円の高額キャッシュバック
ソフトバンク光は当サイト限定で最大35,000円のキャッシュバックキャンペーン開催中です!

高額キャッシュバックがあるのでお得にご利用できるうえ、Softbankの携帯を持っていれば「おうち割光セット」を利用し、月々のスマホ料金も割引になるのでとってもお得!

NURO光
最大35,000円キャッシュバック
NURO光は何といっても超高額キャッシュバックがお得!
最大35,000円キャッシュバックで超お得!!
NURO光 公式のキャッシュバックなので安心安全にご利用できます。

NURO光は最大35,000円キャッシュバックを受け取ることができます。
さらに初回工事費の40,000円も無料になるためとってもお得に始めることができます。
オプション不要で月額料金のみで安心してご利用いただけます。

おすすめの記事