Wi-fiの通信速度が遅いときの原因と解決方法!通信速度を上げる方法を解説
picjumbo_com / Pixabay

Wi-fiを無事に開通していざインターネットで快適に過ごすぞ!と意気込んでもWi-fiが思ったより遅いことありませんか?

 

Wi-fiが遅いときは放置していれば直る時もありますが、改善しなければずっと遅いままです。
しっかりとWi-fiの通信速度を上げるよう改善していきましょう。

 

今回はWI-fiの通信速度が遅いときにすぐに解決できる対処方法と、Wi-fiが遅いことが直らないときに行ってほしい改善方法をお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

Wi-fiが遅いかどうか通信速度のチェック

Wi-fiの通信速度の確認方法

まずはWi-fiの通信速度をチェックして通信速度が速いか遅いかを調べるようにしましょう。

 

通信速度は住んでいる環境などによりユーザーによって通信速度の差が出ます。
何故なら「ベストエフォート制」を回線事業者は採用しており、推奨速度への努力はするがユーザー全員が推奨速度になることは保証されないとしています。

 

まずは自分の環境で通信速度をチェックして遅いかどうかチェックしてください。

通信速度をチェックするツールは下記が無料で簡単に利用できます。

 

通信速度のチェック

上記のどちらかをクリックして「通信速度チェック」を行えば自動で速度をチェックしてくれて数値を出してくれます。

とっても簡単なため初心者でも簡単にできます。まずは自分のネット回線の通信速度をチェックしましょう。

通信速度の目安

通信速度の数値の目安は下記になります。

 

通信速度の目安
10Mbps前後:メールやブログなどのテキストメインの閲覧
30Mbps前後:動画閲覧や通販サイトなどの閲覧
60Mbps前後:高画質の動画やゲームができる
通信速度が10Mbps以下なら要改善レベルになります。
光回線を導入しているなら30Mbpsは最低でも欲しい数値になります。
10Mbps以上でサクサク動くレベルになります。
快適に使うボーダーラインとしては、この10Mbps以上かどうかが重要です。
通信速度のチェックをしたら自分の数値がどのレベルに属するか必ずチェックしましょう。

通信速度を測るときの注意点

通信速度を測るときは必ず1回だけでは無く、様々な時間帯で通信速度を測るようにしましょう。

何故なら通信速度を色んな時間帯で測ることで何が原因かわかります。

 

全ての時間帯で遅いのなら回線に問題がありますし、一部の時間帯で遅いだけなら回線の混雑が原因のように原因を追求することができます。

Wi-fiの通信速度が遅いときの原因

Wi-fiが遅い原因について

Wi-fiが遅いときの原因についてお伝えしていきます。
原因を知れば解決方法が見えてくるのでまずは何が原因でWi-fiが遅いのか探りましょう。

 

Wi-fiが遅いときの考えられる原因は下記です。

 

Wi-fiが遅いときの原因
  • 無線LANルーターの設置場所が悪い
  • 接続している端末数が多すぎる
  • 無線LANルーターのエラー
  • ファイヤーウォールやウイルスソフト
  • 光回線の通信障害

 

それではWi-fiが遅いときの原因を順番に見ていきましょう。

無線LANルーターの設置場所が悪い

無線LANルーターは、壁際であったり物がたくさん置かれていると電波がスムーズに届かないためWi-fiが遅い原因になります。

 

無線LANルーターの設置場所を変えるだけでもWi-fiの通信速度は変わるので障害物のないところに一度置いて通信速度を測ってみましょう。

 

もし自宅が戸建てや広いマンションの場合は、無線LANルーターだけではWi-fiの電波が届かないので、「無線LAN中継器」を設置すれば無線LANルーターから遠い部屋でもWi-fiの速度が遅いということが無くなるのでオススメです。

接続している端末数が多すぎる

無線LANルーターによって接続推奨台数が決まっており、推奨台数が超えてしまうと通信速度が遅い原因になります。

 

普段使っていない機器はWi-fiの接続を切っておくようにしましょう。
もし使っていない機器のWi-fiを削除しても足りない場合は、Wi-fiの推奨台数が多い無線LANルーターに変更することで対応できます。

無線LANルーターのエラー

無線LANルーターはごく稀にエラーが起きることでWi-fiが遅い原因になります。

 

エラーが一度起きてしまうと再起動や初期化を行わない限りWi-fiに繋ぐことができないため改善する必要があります。

ルーターのファームウェアが古いことで通信ができない原因にもなるので、ファームウェアのアップデートをすることで改善されることもあります。

ファイヤーウォールやウイルスソフト

PCのファイヤーウォールやウィルスソフトの設定によりWi-fiの通信速度に悪影響を与えて遅い原因になっていることがあります。

 

一時的にファイヤーウォールやウィルスソフトを起動終了してWi-fiに繋がるかどうかチェックするようにしましょう。

光回線の通信障害

光回線ではごく稀に通信障害が起きてWi-fiが遅くなる時があります。

 

通信障害の場合はこちらで対応できることはありませんので、公式サイトで確認する必要があります。
通信障害でWi-fiが遅いときは気長に回復を待ちましょう。

Wi-fiの通信速度が遅いときの改善方法

Wi-fiが遅いときの改善方法

Wi-fiの通信速度が遅いときは改善方法を試すようにしましょう。
すぐにできる改善方法になるのでWi-fiが遅いときは参考にしてください。

 

Wi-fiが遅いときの改善方法
  1. 無線LANルーターとONUを再起動
  2. 設置場所を障害物のない自宅の中心にする
  3. OSやファームウェアのアップデート
  4. 無線LANルーターのアンテナの向きを変更
  5. 無線LAN中継器を利用する

 

方法①:無線LANルーターとONUを再起動

Wi-fiが遅いと感じたらまずは無線LANルーターとONUを再起動しましょう。
コンセントを抜いてコンセントを挿すだけでも再起動できるので簡単です。

 

再起動した後は、普段通りWi-fiの検索画面でSSIDが出てくるのでセキュリティーキーを入力してWi-fiに接続してみましょう。

大抵の通信速度の急な低下はこの方法で改善することができます。

方法②:設置場所を障害物のない自宅の中心にする

Wi-fiの無線LANルーターは設置場所は利用する機器のすぐ近くにすることが理想です。

 

もしWi-fiが遅いと感じたら無線LANルーターの設置場所を変更してみましょう。
色んな場所で試すことで快適な通信速度を発揮する場所も見つかるでしょう。

方法③:OSやファームウェアのアップデート

Wi-fiが遅いときはOSやファームウェアのアップデートを行いましょう。

 

OSやファームウェアが古いとWi-fiの通信速度が遅い原因にもなりますし、そもそもWi-fiに繋がらない状況も出てきます。

Wi-fiが繋がらないと思ったらまずはOSとファームウェアを確認してみましょう。

方法④:無線LANルーターのアンテナの向きを変更

無線LANルーターによってはアンテナが付いているものがあります。

アンテナの向きを変えることで電話の発信受信にも影響が出るので、アンテナの向きを変えてみるようにしましょう。

 

電波は垂直に飛ぶためアンテナの向きを垂直にするとより良い電波の流れを作ることができます。

方法⑤:無線LAN中継器を利用する

自宅が戸建ての場合や、マンションの部屋数が多い場合は「無線LAN中継器」を利用することで解決することができます。

無線LAN中継器を利用すると遠くの部屋でもWi-fiの電波を届けることができるため、通信速度が遅いと感じたら利用することをオススメします。

 

無線LAN中継器は市販のものが販売されているので手軽に購入することができます。

Wi-fiがそれでも遅いときは??

Wi-fiが遅いときについて

Wi-fiがそれでも遅いときは「接続方法」を変更してみることをオススメします。

 

自宅のネット回線を契約している方は「Ipv4」接続方式がスタンダードになっています。

「Ipv4」接続とは、IPアドレスを振り分けて接続をする方法ですが昔に作られた技術でIPアドレスの上限があります。そのため近年のスマホの普及に追いつけずIPアドレスの上限値に行き着くため回線の遅延が起こります。

 

最近の光回線では「Ipv6」の接続方法が出ています。
ソフトバンク光とドコモ光はこの接続方式ができるため切り替えるようにしてください。

「Ipv6」ではIPアドレスの上限がほぼ無限になり、新しい接続方式でユーザー数も少ないので回線が混雑しないメリットがあります。

 

そのため「Ipv4」から「Ipv6」に変更することで劇的に回線速度が早くなるのでオススメです。

 

もし何をしても通信速度が遅い方は「Ipv6」接続方式に変更して快適にインターネットを楽しんでください。

Wi-fiの通信速度が遅いとき まとめ

Wi-fiが遅いときの原因と解決方法

まずは自宅のWi-fiの速度を測って通信速度が遅いのかどうか判断するようにしましょう。

サクサク動くレベルは、10Mbps以上になります。
もし10Mbpsより遅いのなら早急に改善する必要があります。

 

Wi-fiが遅いときは下記の対処方法で解決するようにしましょう。

 

Wi-fiが遅いときの改善方法
  1. 無線LANルーターとONUを再起動
  2. 設置場所を障害物のない自宅の中心にする
  3. OSやファームウェアのアップデート
  4. 無線LANルーターのアンテナの向きを変更
  5. 無線LAN中継器を利用する

 

もし上記の改善方法を試してみても解決できないのであれば、接続方式を「Ipv4」から「Ipv6」にすることで通信速度そのものを向上することができます。

 

ぜひWi-fiの通信速度が遅いと困っている方は解決策で改善して、快適なインターネットライフをお楽しみください。

オススメ光回線キャッシュバック

ドコモ光
最大35,000円相当のキャッシュバック
ドコモ光はネットから契約すれば「現金15,000円」「dポイント20,000円」合計35,000円相当のキャッシュバックが貰えます。

ドコモ光はWifiを契約するうえでとってもお得に始めることができます。

フレッツ光と同じ速度で利用できるため自宅でサクサクWifiを利用することが可能!
さらにドコモの携帯を利用している方は、月々の料金からさらに割引もあるため家計の節約にももってこいです。

ソフトバンク光
最大35,000円の高額キャッシュバック
ソフトバンク光は当サイト限定で最大35,000円のキャッシュバックキャンペーン開催中です!

高額キャッシュバックがあるのでお得にご利用できるうえ、Softbankの携帯を持っていれば「おうち割光セット」を利用し、月々のスマホ料金も割引になるのでとってもお得!

NURO光
最大35,000円キャッシュバック
NURO光は何といっても超高額キャッシュバックがお得!
最大35,000円キャッシュバックで超お得!!
NURO光 公式のキャッシュバックなので安心安全にご利用できます。

NURO光は最大35,000円キャッシュバックを受け取ることができます。
さらに初回工事費の40,000円も無料になるためとってもお得に始めることができます。
オプション不要で月額料金のみで安心してご利用いただけます。

おすすめの記事