おすすめの無線LAN中継器の選び方!Wi-fiの電波が届かないを無くす方法
_freakwave_ / Pixabay

無線LAN(Wi-fi)を利用しているけれども自宅の遠くまで電波が届かないなんてことありませんか?

せっかく光回線にしたのに電波が弱くて寝室までWi-fiが届かずにWI-fiの意味がない人。

 

光回線を自宅に設置してWi-fi環境にしているにも関わらず電波が遠くの部屋まで飛ばない人は、中継器を設置することをオススメします。

中継器は家電量販店やamazonなどで手軽に購入できるので、WI-fiの電波に困っている方は中継器を導入するようにしましょう。

 

今回の記事ではおすすめの中継器の選び方や注意点を解説するので、中継器選びに役立ててください。

Wi-fiの中継器とは??

おすすめの中継器
中継器とは、無線LAN(Wi-fi)ルーターの電波を遠くに飛ばすための機器で中継器を設置することで、回線電波の中継の役割を果たすことが出来ます。

障害物があったり壁などがあり電波の妨げになっているときは、中継器を利用することで電波を遠くまで飛ばすことができるのでおすすめです。

無線LAN中継器は、市販でも販売されており家電量販店やオンライン通販サイトで販売されているので手軽に購入できるのでおすすめです。

一軒家や間取りの広い自宅だと電波が届かなかった悩みも中継器を利用すれば解決できるのでまだ導入していない方はぜひ導入してみましょう。

 

ポケットWi-fiなどを利用している人は、ポケットWi-fiを中継器に利用できる機器もあるのでもし以前使っている端末が余っていたり、現在も利用している方は中継器として利用できるか確認してみましょう。

 

無線LAN中継器を利用すれば2階や3階でインターネットを利用することもできますので、部屋全体にWi-fiの電波が届かない人は中継器をオススメします。

おすすめの中継器の選び方〜ポイント別解説

おすすめの中継器

無線LAN中継器を導入したいけれどもどの中継器を選べば良いのか難しくついつい1番安いものを選んでしまいますよね。無線LAN中継器は選び方を間違えてしまうと光回線の通信速度を遅くしてしまう原因にもなるので注意が必要です。

 

ここではおすすめの中継器の選び方をご紹介するので参考にしてください。

 

中継器の選び方
  • 通信規格
  • 周波数
  • 設置方法
  • デュアルバンド同時接続(機能)

 

おすすめの中継器の選び方を解説するので参考にしてください。

通信規格

インターネットの通信規格で中継器を選ぶポイントとして「通信規格」で選ぶ必要があります。

 

インターネット回線の通信規格

規格 周波数 最大通信速度 特徴
IEEE802.11a 5GHz 54Mbps 障害物に弱い、屋外で利用できない
電子機器が周りにあっても繋がる
IEEE802.11b  2.4GHz 11Mbps 障害物に強い、電子機器が周りにあると電波の干渉を受けやすい
IEEE802.11g 2.4GHz 11Mbps 54Mbp 障害物に強い、電子機器が周りにあると電波の干渉を受けやすい
IEEE802.11n 2.4GHz 600Mbps 障害物に強い、電子機器が周りにあっても大丈夫、電波が遠くまで届く
5GHz 600Mbps
IEEE802.11ac 5GHz 6.9Gbps 通信速度が早く快適

 

現在は光回線が主流になっているので、最大速度1Gbps(1000Mbps)なので、通信規格も「11n」もしくは「11ac」に対応している中継器を選ぶとおすすめです。

現在では「11n」と「11ac」がのどちらも対応している中継器もあるのでその2つが利用できる中継器を選ぶと良いでしょう。

周波数

中継器を選ぶときは周波数で選ぶこともおすすめです。
周波数のメリットとデメリットは下記になります。

 

周波数のメリットとデメリット

5GHz 2.4GHz
メリット 電波干渉が無く電子機器の周りにおいても通信遮断が起きない 障害物に強く遠くまで電波が届く
デメリット 障害物に弱いため遠い所に電波を届けるのが困難 電子レンジや冷蔵庫の周波数と同じため電波干渉を受けやすい

 

中継器は周波数で選ぶようにしましょう。
2.4GHz帯と5GHz帯でどちらもメリットデメリットあるのでご自身が利用する環境に合わせて中継器を選ぶとおすすめです。

周波数は一長一短ありますが後ほど説明する「デュアルバンド同時接続」を利用すれば解決できます。

設置方法

中継器は設置方法から選ぶこともできます。中継器の中には置くだけのものや電源コンセントに繋いでおくだけのものなど多種多様なタイプがあります。

 

設置タイプで選ぶことで中継器周りをすっきりとさせることもできるので、ケーブル類など必要のないものは無いにこしたことはありません。

デュアルバンド同時接続

デュアルバンド同時接続はバッファローなどの中継器に利用される名称でメーカーによって呼び名は違いますが機能は同じです。

2.4GHz帯と5GHz帯のどちらの周波数を利用することができるので、通信速度が遅くならないメリットがあります。安価な中継器だとこの機能は含まれない可能性もあるので、あまりに安すぎるものは必ず確認してから購入するようにしましょう。

 

中継器を利用して通信速度も快適に行うのであればこの「デュアルバンド同時接続」は必須の機能ですのでおすすめです。

中継器の利用方法

中継器のおすすめ

中継器を購入したけれどもどのように利用すれば良いのか分からない人もいるでしょう。

中継器はとっても簡単に利用できるのでぜひ参考にしてください。

 

中継器の利用方法
  1. Wi-fiルーターと電波を届けたい部屋の中間に設置
  2. 電源コンセントに接続
  3. ボタンを押す
  4. 完了

 

最近の中継器はとっても便利でボタンを押すだけで自動でWi-fiの電波を検索して繋げてくれる機種もあります。中にはSSIDとパスワードを入力して電波を繋げてくれる機種もあります。

難しく感じる人もいますが、中継器はとっても簡単に導入できるのでネット初心者にもオススメです。

中継器を設置したのに電波が弱いとき

中継器のおすすめ

中継器を設置したのに電波が弱いときの確認ポイントを説明します。

中継器の電波が弱いときの確認項目
  • アンテナの向き
  • 設置場所
  • 複数端末の設置

 

中継器の電波が弱いときは、設置場所とアンテナの向きを変更してください。
設置場所も理想は中間地点ですが、障害物の関係などもあるので少しづつ場所を変えて電波が届くところを探すようにしましょう。

 

それでも電波が弱いときは中継器を複数使うことも1つの手段です。1つの中継器だけでも飛ばせる距離は限られているので複数端末利用することで電波をより遠くまで届けることができます。

電波が届かないときは中継器がおすすめ

中継器おすすめ

自宅のWi-fiの電波が届かないときは光回線などの乗り換えではなく中継器を利用することをまず第一に考えましょう。

「通信速度が遅い」なら光回線の乗り換えは有効ですが、「届かない」場合は光回線ではなく中継器を導入していないから起こる現象です。

 

中継器を利用すれば自宅の遠くにある部屋にも電波を届けることができるため、快適にインターネットができるのでおすすめです。

 

中継器を選ぶときのポイント
  • 通信規格
  • 周波数
  • 設置方法
  • デュアルバンド同時接続(機能)

 

中継器を選ぶときのポイントは上記で特に大切な機能は「デュアルバンド同時接続」になります。
メーカーによって名称は違いますが、2.4GHz帯と5GHz帯のどちらの周波数を利用することができるので、通信速度の低下や距離の短さなどデメリットが無くなります。

周波数を単体で選ぶよりも複数使えるものを選ぶと、中継器を利用しても通信速度が低下することは恐らくありません。

 

まだ自宅に中継器を設置していない方は、ぜひ中継器の設置を考えてみてください。
毎日Wi-fiの電波が届かないから限られた部屋でしかWi-fiを使っていないなんて勿体無いです。

中継器は市販のものでも数千円で購入できるのでぜひ中継器を利用して快適なインターネットライフを楽しんでください。

オススメ光回線キャッシュバック

ドコモ光
最大35,000円相当のキャッシュバック
ドコモ光はネットから契約すれば「現金15,000円」「dポイント20,000円」合計35,000円相当のキャッシュバックが貰えます。

ドコモ光はWifiを契約するうえでとってもお得に始めることができます。

フレッツ光と同じ速度で利用できるため自宅でサクサクWifiを利用することが可能!
さらにドコモの携帯を利用している方は、月々の料金からさらに割引もあるため家計の節約にももってこいです。

ソフトバンク光
最大35,000円の高額キャッシュバック
ソフトバンク光は当サイト限定で最大35,000円のキャッシュバックキャンペーン開催中です!

高額キャッシュバックがあるのでお得にご利用できるうえ、Softbankの携帯を持っていれば「おうち割光セット」を利用し、月々のスマホ料金も割引になるのでとってもお得!

NURO光
最大35,000円キャッシュバック
NURO光は何といっても超高額キャッシュバックがお得!
最大35,000円キャッシュバックで超お得!!
NURO光 公式のキャッシュバックなので安心安全にご利用できます。

NURO光は最大35,000円キャッシュバックを受け取ることができます。
さらに初回工事費の40,000円も無料になるためとってもお得に始めることができます。
オプション不要で月額料金のみで安心してご利用いただけます。

おすすめの記事